2016 年 12月 27 日 (火) 開場 18h30 開演 19h00 東京世田谷区 キッドアイラックアートホール

kid-ailack-2
2016 年 12月 27 日 (火) 開場 18h30 開演 19h00

東京で長く続いていたキッドアイラックアートホールと言うライブハウスが、この年末で閉店する事となりました。その素晴らしい歴史を祝い、さよならする為に四人のアーティストが即興演奏をします。どうぞお聞き逃しなく。
出演:

  • おおたか静流 (voice)
  • 中村明一 (尺八)
  • モーガン・フィッシャー (キーボード、ライト・ペインティング)
  • カール・ストーン (laptop )

料 金: 前売3500円+1ドリンク、当日4000円+1ドリンク
キッドアイラックアートホール
〒156-0043東京都世田谷区松原2丁目43-11
電話: 03-3322-5564
http://blog.livedoor.jp/kidailack-schedule/
kidailack.co.jp

2016 年 12月 18 日 (日) 開場 19h00 開演 20h00 東京 [清澄白川] 私邸

Photo: Martin Holtkamp

Photo: Martin Holtkamp


2016 年 12月 18 日 (日) 開場 19h00 開演 20h00
こうこおうする
Carl Stone (electronics) と 赤い日ル女 (voice) により、特別なインスタレーションパフォーマンスを企画させていただきました。
舞台となるのは、東京/清澄白河にある、たちこめる空気澄む、木造りの素敵な間*にて。
呼びかけあうその音に、わたしたち自身もわくわくしてしまうような謀りで、応えあいます。そうしたやりとりで作られゆく音の肖像に、ぜひ、あなたの肌で、触れにいらしてください。
皆々様のお越しを、お待ちしております。

*個人宅のため、参加をご希望される方は、
akaihirume@gmail.com
「subject: DEC_18」
まで、お問い合わせくださいませ。
また、パフォーマンスの後は、小さなパーティをご用意しています。
年の暮れ、新たに向う日への、
温かな時の間になりますよう。
出演:

  • 赤い日ル女 (voice & synthesizer)
  • カール・ストーン (laptop)

料 金: 投げ銭
東京都江東区平野2−4−12
地図 : http://pictures.sukothai.com/HIRANO-2-4-12.png
akaihirume@gmail.com

2016 年 12月 12 日 (月) 19h00 東京 [清澄白川] Dommune

2016 年 12月 12 日 (月) 19h00

テクノロジーの普及により音楽制作にコンピューターを使用することは当たり前となりましたが、当時は映像と音を同期させたパフォーマンスやラップ トップのみをステージに持ち込んで音のみをプレゼンテーションするスタイルは斬新で刺激的な試みとして受け入れられていました。黎明期から主に9 0年代後半~0年代初頭前後のテクノロジーが与えたシーンへの影響や、そこから生まれた音楽・映像作品、書籍や思想を含め、当時のテクノロジーと芸 術との関係を振り返りながらアーティスト、著者と共にインタビュー・トークを交えて紹介してゆきます。

出演:

  • 久保田 晃弘 / Kubota Akihiro (多摩美術大学情報デザイン学科情報芸術コース教授)
  • 畠山 地平 / Chihei Hatakeyama (音楽家、ドローン大学教授)
  • 小野寺 唯 /Yui Onodera (音楽家、武蔵野美術大学、立教大学非常勤講師)
  • クリストフ・シャルル ((音楽家、武蔵野美術大学)
  • カール・ストーン / Carl Stone (中京大学 情報理工学部 情報科学研究科 情報理工学部教授)

Dommune
〒150-0011 東京都渋谷区東4-6-5 ヴァビルB1F
地図 : http://www.dommune.com/about/
電話:
http://www.dommune.com/about/

2016 年 11月 20 日 (日) 開場 18h00 開演 18h30 東京 [清澄白川] Gift Lab

gift-lab

2016 年 11月 20 日 (日) 開場 18h00 開演 18h30

Carl’s Gift Lab debut.

出演:

  • Asuna & Opitope
  • Kuukoka (Tomoyoshi Date, Corey Fuller,Chihei Hatekeyama)
  • Carl Stone

料 金: 2500 円

Gift Lab
〒135-0021 東京都江東区白河1-3-13 清洲寮102
地図 : http://www.giftlab.jp/garage/?page_id=2
電話: 03-3630-1201
info@giftlab.jp

2016 年 11月 4 日 (金) 17h00-18:30 九龍塘 [香港] Future Cinema Studio

future-cinema-studio-2
2016 年 11月 4 日 (金) 17h00-18:30

Carl Stone Hong debut continues with a lecture on past and future work, at M6094 Future Cinema Studio, Run Run Shaw Creative Media Centre, 18 Tat Hong Avenue, Kowloon Tong, Hong Kong. Will include a short performance and chance to interact for the audience.

**Seating for this event may be limited. It is important that if you want to attend you send an email message to ckitsa@gmail.com. (Jacky Cheung) to confirm availability.**

Future Cinema Studio
18 Tat Hong Avenue, Kowloon Tong, Hong Kong
電話:
ckitsa@gmail.com.
https://sm2703.wordpress.com/

2016 年 11月 3 日 (木) 21:00 銅鑼灣 [香港] Focal Fair

focal-fair2
2016 年 11月 3 日 (木) 21:00

Carl Stone’s Hong Kong debut kicks off with a performance as part of “Noise to Signal 0.40: Stone Tone”, organized by Dennis Wong. This will take place at Focal Fair, one of Hong Kong’s premiere venues for experimental arts. Also on the bill will be Sin:Ned aka Dennis Wong and Nerve aka Steve Hui. Jointly presented by Re-Records, SECOND & Focal Fair. If you are in Hong Kong, you will want to be there!

出演:

  • Carl Stone (US)
  • Steve Hui (HK)
  • Dennis Wong (HK)

料 金: HK$100

Focal Fair
28/F, Park Avenue Tower, 5 Moreton Terrace, Causeway Bay
電話:
rerecordshk@gmail.com
https://www.facebook.com/events/1136307976422812/
http://www.re-records.com/

2016 年 9月 17 日 (土) 開場 20h30 開演 21h00 ベルリン [ドイツ] St. Johannes-Evangelist-Kirche

2016 年 9月 17 日 (土) 開場 20h30 開演 21h00

For the finale of the Osmodrama Festival, Carl Stone and Wolfgang Georgsdorf will join electro acoustic compositions with olfactory art in a live performance. Soundscapes meet scentscapes. Carl Stone, an internationally acclaimed pioneer of electronic live music draws on his large repertoire of sound material; soundscapes that will become smellable through the interpretation on Smeller 2.0. Smelling a whole new world. Following this concert, sound and scenttracks by Sam Auinger and Matthias Haenisch amongst others will be played all night.

Some videos about Osmodrama (including interviews with Carl Stone) can be found at https://www.youtube.com/channel/UCQ79J-4URhViTz4f6Z3TMnA or https://vimeo.com/user44154717/videos

Online tickets available through Radialsystem V: http://preview.tinyurl.com/hf44bp7

Contact data for further information can be found at http://osmodrama.com/contact/

出演:

  • Wolfgang Georgsdorf (Smeller 2.0 organ)
  • Carl Stone (laptop electronics)Later, the evening will also include soundscapes by:
  • Phill Niblock
  • Sam Auinger
  • Matthias Haenisch
  • (among others)

料 金: 18€ / reduced 12€

St. Johannes-Evangelist-Kirche
Auguststr. 90, 10117 Berlin
電話: For Press: Marte Kräher, 0176 – 485 38 114, mk@achimklapp.de
Achim Klapp, 0173 – 297 08 19, ak@achimklapp.de
http://osmodrama.com/events/open-end17-09-scentscapse-soundscapes-carl-stone-u-a/
http://osmodrama.com/

2016 年 9月 13 日 (火) 20h00 オーフス [デンマーク] Aarhus Concert Hall

2016 年 9月 13 日 (火) 20h00

Royal Academy of Music, Aarhus. DIEM ElekTro concert series

Carl Stone presents his evening length work FUJIKEN (富士軒)

FUJIKEN was composed between 2012 and 2013 in Tokyo where Carl Stone resides for much of the year. The work blends field recordings made through Southeast Asia (Vietnam, Thailand, Cambodia and Japan) with appropriated music mostly from street cassettes, processed and resynthesized. The work has no set structure and although some sections have been more or less determined as to their materials and methods of manipulation, the overall form as well as the smaller musical details are open and improvised. Field materials tonight might include recorded meandering on the Chao Praya river (Bangkok), a fire outbreak in Phnom Pehn, college sports practice in Toyota City Japan, and whatever else the mood might seek.

Steve Smith, New York Times:
“(Carl Stone’s) music was a powerful stimulant with lingering euphoric effects. Voices stretched like taffy were folded into ghostly choruses; the whine of a stringed instrument became a mosquito arabesque. Noises normally rejected, like surface scrapes and static bursts, provided fertile sonic lodes.”

Jonathan Gold, Los Angeles Times:
” Is Carl Stone celebrated today for his tendency to name his opuses after his favorite restaurants – Kong-Joo and Sukothai instead of Serenade or Sonata in C# minor? Perhaps. It makes the pieces evocative of a specific time and place, and hints at the trans-global origins of the source material, while maintaining an almost absolute level of abstraction. How did he arrive on bricolage as an aesthetic strategy? Feed him a glass of Suntory and he may confess that it may have arisen from a work-study job in the uncrowded Cal Arts music library when he was an undergraduate, a job that put tens of thousands of recordings at his disposal and countless hours in which to listen to them.”

出演:

  • Carl Stone solo

料 金: 無料

Aarhus Concert Hall
Chamber Music Hall
Skovgaardsgade 2c
8000 Aarhus C
電話: +45 72 26 74 21
VIBE@musikkons.dk

2016 年 9月 12 日 (月) 開場 19h30 開演 20h00 コペンハーゲン [デンマーク] Mayhem

2016 年 9月 12 日 (月) 開場 19h30 開演 20h00

Carl returns to Copenhagen for his first solo performance in – yikes – 35 years! This time the plan is to bring down laptop mayhem at a music club of the same name.

出演:

  • Carl Stone
  • TR Kirstein
  • Jakob Draminsky Højmark

料 金: 60 DKR

Mayhem
Ragnhildgade 1, Købehavn NV
電話:
news@mayhemkbh.dk
http://www.mayhemkbh.dk/menu.html